スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多聴多読マガジン2015年2月号&2013年10月号/アカデミー賞ノミネート発表ライブストリーム

こんにちは♪

今日は朝から・・・正確には夜中から続く頭痛でダウンしていましたが、若干復活してきたので少しだけ書きます~。

ま、別に書く必要はないんだけどwww

えっと、まずはお詫び。
昨日貼ったベネさんとジェンがプレゼンターした時の短い動画、削除されちゃったみたいで見られなくなっちゃいました。

う~~~ん、大丈夫な動画だと思ってたんだけど、アウトだったみたい。

ごめんなさいです・・。

アウトかどうかの見極めって難しいよね。
公式なら何も心配いらないわけだから、できるだけ公式を貼るように努めようと思います。はい。

それからー、アカデミー賞のライブストリームが明日に迫ったので改めてリンクを張っておきます♪

「87th Oscars Nominations Live」
日本時間1月15日22時30分から。
・・・のはずです・・・。
心配だから再度調べます。

「世界時間」
合ってるはずですが、各自ご確認くださいませ・・・。
(地理とか時間とか、弱いのよ・・・(>_<)いや、ほかにも苦手は山盛りだけども・・・)


それからー、ずっとご紹介しようと思ってタイミングを逃していた多聴多読マガジン2月号。

多聴多読マガジン2015年2月号[CD付]多聴多読マガジン2015年2月号[CD付]
(2015/01/06)
不明

商品詳細を見る


ベネさんのインタビューがあります。(スクリプト&音声付き)
TIGについて語ってるってことなんですが私は絶賛情報シャットアウト中につき映画観るまでは聴きませんwww

でもこの雑誌のためのインタビューではないと思うので、どこかのインタビューか、記者会見か、そういったものの再録ではないかしらん。って確かなことではないですけども。

で、インタビューのページに「多聴多読マガジン2013年10月号のベネディクトのインタビューと聞き比べてみて」とうような事が書いてあったので、その号持ってない私は、はい、買ってみました♪(中古だけど)

多聴多読マガジン2013年10月号[CD付]多聴多読マガジン2013年10月号[CD付]
(2013/09/06)
不明

商品詳細を見る


で、もちろん聴き比べてませんwww
当たり前です、最新号聴いてないんだからwwwww

ただですね、わざわざご紹介するには訳がありましてですね。

この2013年10月号、こちらの本が丸々全て掲載されているんです(≧∇≦)/

Oxford Reading Tree TreeTops Time Chronicles: Level 12: The Enigma PlotOxford Reading Tree TreeTops Time Chronicles: Level 12: The Enigma Plot
(2014/01/09)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


エニグマです、エニグマ!!

このお話は、中学生の3人組が歴史を変えようとしている悪人達から歴史を守る「Time Runnners」として活躍するシリーズ物だそうです。
今回は、悪人の一人が暗号研究者として研究室に採用されるところから物語が始まるそう。

まだ読んでいませんが、読みやすさレベル1.8~2.8という易しい英語で書かれていて、アラン・チューリングさんも出てくるようですし、なんだか読んでみたい気分になりませんか~~(//∇//)
(私は映画後に読むか今読むか、お悩み中です。チューリングさんの生涯はもう知っているし、これを読んだからといってネタバレには繋がらないだろうけど、映画のあとに読んだほうが面白いかも・・・)

この本、単品で買おうと思ったら1000円以上するでしょ?(送料込で)
それが多聴多読マガジンだったら、この本の中身がまるっと掲載されてる上に他の話も載ってて、更にベネさんのインタビューもあるし、絶対お得だわ~~~~(//∇//)

あ、読みやすさレベル(YL)ってなあに?って思われる方、多いですよね、きっと。
えっと、多聴多読マガジンに書いてある説明を転載しますと・・・

「YLとは、SSSの英語多読研究会が作成した本の読みやすさを判断する基準で、「日本人学習者にとっての読みやすさ」の基準を0.0から9.9までの数値にしたものです。0.0が最もやさしく、0.0は文字のない絵だけの本という位置づけです。・・・以下略」

です。

この「The Enigma Plot」は「Oxford Reading Tree」(略してORT)というシリーズの中の本で、このORTは英国の80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書なんだそうです。
だから英語もそのレベルってことかな?

もしかしたらベネさんも子供の頃読んだかもーーーーーーーっ(//∇//)
そしてもしかしたらベネさんのお子ちゃまが読むことになるのかもーーーーーっ(//∇//)
さらにもしかしたらベネさんがお子ちゃまのために読んであげちゃったりすることもあるかもないかもーーーーーーっ(//∇//)

なんだかわからないけど興奮するwwwww

えっと、で、「The Enigma Plot」の音声が下記リンクから無料ダウンロードできます。

「Oxford Reading Tree Download Centre 」

ずーーーっとスクロールして一番下のタイムクロニクルシリーズのところ見てください。
音声だけでも楽しめるかも(^-^)

それにしても音声無料ダウンロードとか、どんだけ気前いいの!!
恵まれた時代だなぁ。

あら気が付けば延々文字ばっかりでごめんなさい。

画像・・・どうしよう、画像・・・。

tumblr_nf22ghwtDR1qdghnpo5_r1_500.jpg

特に意味はないんだけど、この可愛い足を貼っておこうかなと思っちゃったwww
あとこの口も可愛い(//∇//)

動画もなにか貼ろうかと思ったけど、ちょっと疲れちゃったから(ワガママ)今日はこのへんで。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました(//∇//)

ではまたね♪

スポンサーサイト

とっても素敵なプレゼントを頂きました(//∇//)/今週のSSS多読(Anthony Horowitz著「The Switch」)

とっても素敵なプレゼントを頂きましたので、今日はイレギュラーに2回目の更新です♪

以前、私の読み終わった「ジョン、全裸連盟へ行く」を誰かもらって下さいとアナウンスした時に手を挙げてくださった「如月さん」から、本のお礼にとサプライズプレゼントが届きました(//∇//)

びっくりしましたよ~~~~~!!!!
そんなこと、夢にも思わなかったし、第一こっちは古本送っただけだし!

可愛いんです、見て見て!!!

B4t3pvGCQAAOfrZ_convert_20141213191211.jpg

雪だるまアイスのシャロちゃん!!!
ちゃんと鹿打ち帽被ってるの(//∇//)

画像が余りうまく撮れてないんですけど・・・。
実物はもっと可愛いんですよ!!!

なんとこの雪だるまアイスのシャロちゃん、如月さんの娘さんの手作りなんですって!!!

娘さん、フェイクスィーツ作家として頑張っておられるそうです(//∇//)

娘さんのブログ、リンク貼りますね♪

「azumaya-手作り小物製作日記」

可愛い作品がいっぱい(//∇//)

注文販売もされているようです♪

ただ、ね、私が頂いた作品は、あの、特別に作って下さったらしく。
同じものは出来ないっていうことです。
だから、同じものが欲しいな、って思われた方、うう・・・ごめんなさい!

あと、azumayaさんで、もし何かお買い物したいなって思われた方、売買の交渉は直接azumayaさんとなさって頂きますよう、お願い致しますね。
私は勿論のこと、如月さんもそちらについては全くノータッチという事ですので、よろしくお願いします。

それにしても、本当にこんな素敵なプレゼント、ありがとうございました!!!

如月さんにも、娘さんにも、感謝感謝です(>_<)

エビで鯛釣っちゃった!!!

本当に、ありがとうございました(*´ω`*)
幸せ者です(*´ω`*)


それから・・・ホビット祭りでうっかり忘れていたんですが、今週の多読の報告を。




先週までが71807語で、現在のトータルが136867語なので、今週読んだのは65060語です。
うん、順調だね♪

今週読んだ本の中で気に入ったものを1冊ご紹介。

The SwitchThe Switch
(2010/02/04)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る

YL(読みやすさレベル)4.5  総語数 38000語

一度読んでみたいと思っていたAnthony Horowitzさんの作品。

化粧品なんかを扱う巨大な美容品関係会社の経営者の一人息子であるTad Spencerという子が主人公。
何不自由なく、毎日がクリスマスのような恵まれた生活をしていたTadですが、ある夜、別の人間になってみたい、という願いを呟いてしまいます。
その翌朝、何故かTadは汚いキャラバンで目覚めます。
なんと彼はBob Snarby という貧しい少年と入れ替わっていたのです。
体はBob、心はTad。
Tadはなんとか元の体に戻ろうと努力しますが・・・。

児童書だと思ってお気軽な展開を予想していたらとんでもなかったです。

心と体が入れ替わってしまった本当の理由、明らかになる厳しい真実、Tadの選択・・・。

いやーーー、面白かった。

アンソニー・ホロヴィッツさんはイギリスの作家さんです。
実はこの方の作品でぜひ読みたいものがあって。
これなんだけど。

The House of SilkThe House of Silk
(2012/05/01)
Anthony Horowitz

商品詳細を見る


翻訳本

絹の家  シャーロック・ホームズ絹の家 シャーロック・ホームズ
(2013/04/27)
アンソニー・ホロヴィッツ

商品詳細を見る


この作品は、コナン・ドイル財団(コナン・ドイルの子孫が経営する財団)により唯一正式に認可されたシャーロック・ホームズの物語、ということで、興味津々なんですが、自分としてはやっぱり原書で読みたいわけです。
でもいきなりこのレベルを楽しく読める自信がないので、同じ作者の方の易しい本から読んでいこうという作戦です♪

アンソニーさん、以前ブログに貼りましたが、ロンドンミュージアムのシャーロック展のパーティーでもインタビューに答えておられたんですよー。書かなかったけど。書いても興味ある人いないと思ったしwww
なかなかの男前なのです(*´ω`*)(どうでもいい)

初めて読んだアンソニーさんの作品、大満足しました♪

それでは、今日は2回も更新してしまってごめんなさい。
明日何も書くことなくなるんじゃない?www
ま、そこはそれ、ってことで。

プレゼントのこと、今週の多読の報告、両方とも今日中にしたかったので(*´ω`*)

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`*)

ではまたね♪

今週の読書記録(SSS多読)/多読に便利なアプリ

こんにちは!

又々風邪をひいてしまったようです(´д`|||)
朝から身体中が痛くて…。
いつもの体調不良&偏頭痛かと思ってたけど、熱が上がってきてしまいました( ´_ゝ`)

そんなわけで、コメント頂いてるのにお返事出来なくてごめんなさいですm(__)m
PC見る元気が出てからお返事しますので、お待ちくださいね…。

今日は自分の洋書多読の記録をつけておきます。
先日フラフラとアプリを見ていたら、多読に便利なアプリを発見して嬉しくて。
自分の読書記録をつけておけるアプリで、読んだ語数を自動でカウントしてくれるので、電卓要らず、便利なんです。

SSSの多読を始めて、300万語まで読んだあと、面倒になって読書記録をつけなくなったんですが(ずっとアナログにノートにつけていて、結構面倒だったので)このアプリのお陰でまた記録を付ける気になりました♪

そして折角なのでまたレベル0の洋書から再スタートすることに(^^)

で、又々折角なので、一週間に一度毎週土曜日にブログに記録を残すことにしました(^^)

11月24日から11月29日までの記録。



アプリの名前は「bookworm」です。
レベル別に記録出来ます。無料です。
スマホからの更新なので、リンクとか貼れなくてごめんなさい。

あと、「一万語多読」というアプリはレベル0の話が15話読めます。無料です。
普通のペーパーバックレベルになると無料で読めるものも探しやすいですが、易しい本は探すのが難しいので、このアプリは良いと思います。(この「一万語多読」のアプリは他のレベルも有りますが、無料なのはレベル0の物だけです。でも他のレベルも安くてお得だと思います。)

出来れば1日5000語ぐらい読みたいなあ。

それでは今日はこの辺で。

ベネさん全然出なくてごめんなさいm(__)m

てはまたね♪
プロフィール

tsumiyo

Author:tsumiyo
ぐうたらダメ人間です。
基本Benedict Cumberbatchへの愛を吐き出しているだけの無意味なブログです。
ベネさん以外のことも書いてます。
はっきり言って節操ないです。
ベネさん8割、映画、本、手作り、多読なんかをごちゃまぜで2割ってとこですか。
まさしく気まぐれ、へっぽこブログですが、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Welcome♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。