スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロントからロンドンへ/Penguins of Madagascar インタビュー

昨日、ちょっとだけTIFFのプレスカンファレンスを見たのですけど。
なんだかブルーな気持ちになってしまいましたよー。

始まってから10~15分ぐらいの間かな?そのぐらいはまあ普通に見ていたんですけど、そこでいきなりキーラさんに本当にどうでもいい質問がされまして。
「は?何言ってんのこの記者」と思った瞬間、即ベネさんが怒ってまして。(怒ってるように見えたのよ・・・)
ここでベネさんが怒らないとキーラさんがなんとか対処しなくてはならない訳で、そこはさすがベネさんだなあと感激しつつ、「でもここはベネさんじゃなくて監督さんが頑張らないといけないとこじゃないの??」って思っちゃいましたよ・・・涙
全く、トークショーじゃないんだから・・・怒

英語難民が誰に確認も取らず書いてることなんで、話半分でお願いします・・・。しかも1回見ただけなんでかなり怪しいです。
あの・・・各自で確認お願いします、ごめんなさい(^_^;)


結局、見ていたのが夜だったこともあってこのあとを見る気力も失いましてこの先は見ていないのですよ。
なんだかなー・・・。
この辺のインタビューとかは私は自分がTIGを見てからゆっくり見ようかな、と思った次第です。
今見たらなんか色々変な先入観が入ってしまいそう。
そういうものは私が映画を見るにあたっては不要なので。このへんのことにはちょっとした思いがありまして、そのことは最後にひっそり吐き出させてくださいね・・・。

あ、でも昨日の記事で不確定事項だったこと。これは書いておかなくてはいけないですね。
「僕彼女います」発言はやっぱり真実じゃないみたいです。
いや、居るのかもしれないけど、別にその場で宣言したわけじゃなくて、記者のセクハラ質問(味見したいわ)に驚いたベネさんに、共演者たちが「僕も僕も」ってからかって、で、その流れでベネさんが共演者の皆をさして「ね、僕売約済なんで」って感じだったみたいです。
多分。・・・違うかもだけど。

動画貼っておくんで、スミマセンが確認お願いします。
何度も言いますが私は英語難民なので前記したことは全く見当はずれかも知れないです(>_<)
おまけにこれ私には聞き辛くて(>_<)誰か訳してもらえませんかねー・・・。


なんかいっぱいしゃべってますが、もう私には聞き取れません(>_<)雰囲気だけでも・・・。
誰か助けてくださーい・・・。なんて言ってるんですかー???トホホ。


さてさて、そんなわけで昨日はどうも気落ちしてしまったのですが、こんな時こそ素敵ベネさんで元気を注入しなくてはいけませんね。

私は画像は苦手なので素敵画像山盛りのところをリンク貼っときますね♪
レッドカーペットのベネさんがてんこ盛りです(*´ω`*)

September - TIFF: The Imitation Game Premiere

下記ではベネさん以外のTIGメンバーの画像もたくさん見られます♪

newcard-beta

それから、昨日ベネさんは会場をあとにしてその足ですぐ空港に向かいロンドンへのフライトとなったわけですが、空港の画像は下記の記事で見れますよ(*´ω`*)

Mail Online

あとあと、会場を出てからタクシーに乗るまでの動画がベネさんいい人パワー炸裂で可愛くてたまりません(*´ω`*)
会場を出たあとのベネさんは20分ぐらいファンサービスをしたあと「飛行機に遅れるから行かなくちゃいけないんだ、本当にごめんね」って何回も謝ってタクシーに乗ったそうですー(*´д`*)
タクシーに乗ってからも角を曲がるまでタクシーの中からファンにブンブン手を振っていたとかいないとか・・・。天使・・・(*´д`*)



ロンドンに着いてからのラフな格好のベネさんも可愛いのです(*´ω`*)
センスがどうのとかもう私の中では超越してますんでwww

BxMC6XECQAAD4aE.jpg
BxMC6UCCIAAlEfl.jpg

まぁそんな私でもイヤホンがT-シャツの中から出てきてることには度肝を抜かれましたが笑
全く、いつも予想の斜め上を行ってくれますね笑
靴が変わっていないことは想定内です笑

あと、私のささくれ立った心を癒してくれた動画を貼っておきます。
ペンギンズのインタビューです。
というかこれ脚本あるよねww
子供がインタビュアーなんですが、こまっしゃくれてて可愛いのと・・・。
最後のベネさんが、もう超絶、犯罪級の可愛らしさですー(*´ω`*)

*最初動画貼ってたんですけど、なんかちょっとマズイかもしれないんでリンクだけにしときます。

Benedict Cumberbatch Reacts to Crazy Interview

これ見てたらかなり癒されました^^


さて、前記したちょっとした思いなのですけど・・・。

読んで気持ちのいい話ではないと思うので、嫌だな、と思ったら即スルーしてくださいね。
文字の色も薄くしときます・・・。

ずっとずーっと前から思ってたことなんですけどね、その分長くなるかもです。

今回TIGの記者会見なんかでも思ったんですけど、映画って本来その映画の出来だけで判断するものじゃないんでしょうか・・・?
今回色々言われているのはまあゲイの問題、が多いのかな?と思いますが、それこそ「恋愛小説家」の時代はゲイがゲイの役を演じることが否定され、今はストレートの人間がゲイを演じることに疑問を投げかけられる・・・。
そんなのって、映画に必要な論議なんでしょうか?
ベネさんがアサンジさんの映画を撮る時にも、さんざん政治的発言を求められていた記憶がありますが、演じている役者の政治的思考が映画に必要なことだとは思えないんです。
私は一個人としてただ純粋に映画が楽しみたいだけで、演じている人のセクシュアリティーも政治的思考も人種も信仰している宗教も、そういう事には何も関心がありません。
それは日本人特有の考え方なのか、私だけのものなのか、そういったことも全くわかりません。

でもなんだか「つまらないな」と思うのです。
そういったことに関心を向けることで映画を純粋に楽しめないのであればそれは本当に「つまらない」ことだと。

一般の人達がどれほどそういったことに関心があるのか全くわからないのですが、私の感覚的には一般の人よりマスコミが騒いでいるように感じます。
今回の会見でも記者の中には品性を疑う質問もあったようですし、私が聞いたものもそのひとつですし。
でも一般の人がそういう事を言っているのはあまり聞きません。
ファンがファン同士楽しくキャーキャー言ってるのは大いに結構というか私も大好きなのですけど、同じノリを記者がやっていいんですかね?公の場で。
ファンの側に沿ったつもりででもいるんでしょうか??
私は映画のことを聞きたいのであって、彼らの個人的な情報を映画のプレスカンファレンスとかでは聞きたくはないですよ。


すみません、ちょっと熱くなりすぎました。

本当のこと言えばもっと過激にモヤモヤを吐き出してしまいそうなんで、ここら辺でやめておきます。
そうしないと後悔しそうだわ!


今日は最後に嫌な気持ちにさせてしまったかもしれません、皆さんごめんなさい。

さて、TIFFもベネさんはもう立ち去っちゃったし(トロントのコレクティブは今頃放心状態でしょうかね?いつぞやの夏を思い出しますww)しばらくは情報も落ち着きを取り戻しますかねぇ?
そうしたら私も更新が落ち着くかなwww
落ち着いたら保存している記事なんかをしっかり読み込んでみたいと思います♪

それではみなさん、いつもより長々とありがとうございました。
お礼に最後に画像貼っておきますね♪
ではまた!
BwZgl8YIQAAxcwj.jpg
笑顔、出ました?笑






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にゃはははは・・・

やん、もう。つみよちゃん。
最後にこの落ちですか。いやふつうなら平気なのにこの展開で
出されると妙にはまってしまって笑ってしまいます。

つみよちゃんの気持ち噛み砕いて味わって読みました。
まずは、その通りだと思います。
映画って本来涙ありでも心を癒したり怖くても楽しめたり観終わったらすっきりしたり
それが、役割なのだと思いたいです。

ならば、なぜ気分を害するようなインタビューをされるのかということですよね。
実はお国によって映画というものは、立場がとても変わるらしいのです。
特に、中国やアメリカは自国に有利でない映画には検閲が厳しかったりそれが出来なければ、マスコミを使って叩きのめすということがあるとのことです。
前の、アサンジさんを取り上げた映画もそういう理由からですね。
そんなこともあり、時には笑えるような楽しい映画に出たいというような気分になることもあるはずです。
けれど、わたしは難しい役をきれいにこなすBenedict Cumberbatchが大好きなんだな。
あんなマスコミのいやがらせなんかで、絶対にめげたりしないそんな彼が好きなんだな。
だから、いつかそんなことを言わせないくらいのベネ様とファンになってやろうじゃないですか。

なんて、えらそうなことを言いました・・・ぐふふ
ペンギンの動画、楽しかったです。やっぱり子供が似合うねぇ

Re: にゃはははは・・・

如月さん♪
体調どうですか?こんなに丁寧にコメントいただいちゃって、嬉しいです゚(゚´Д`゚)゚

最後のオチで笑ってもらえて良かった!!
笑いを取りに行ってますからね!滑ることほど辛いものはないですwww

私の吐き出してしまった愚痴を丁寧に読んでくださってありがとうございます。
とてもとても感激しました。

うん、分かっては、いるんです。
ただそれでも納得できない気持ちが消えないのね。
分かっていても尚、「どうして?」という気持ち・・・。
なんだろう、どうしようもない、無力感みたいな・・・。
私ね、中学生の頃ジョン・レノンの「イマジン」にいたく感動して、そういう世界に憧れてたんですよ。
それが今だに抜けないのね。お子チャマなんです・・・。甘いの・・・。

私今これ書いてて本当に嬉しくて幸せです!
私がつい書いてしまった事をこんなに真剣にうけとめて、コメントしてくださる人が居るっていうことが。
すごく、考えて書いてくださってるのがよく分かります。
こんなこと書いちゃって・・・ってやっぱりちょっと後悔してたんだけど、如月さんのコメントで、思い切って書いて良かった!!って思いました。
本当、ありがとうございます。そしてごめんなさいね・・。

うん、そうですね。
私もきっとこういう役をこなすベネさんだから大好きになったのかも。(いや、もっと低俗な理由か・・・?www)
ベネさん、結構打たれ強いですもんね。強くなければここまでやってこれてないものね。
(なのになぜあんなに母性本能をくすぐるんでしょうか!守ってあげたくなるんでしょうか?!私の方が明らかに弱いのに!!)
ベネさんて、ちょっと言われやすいタイプじゃないですか?
同じこと若かりしアル・パチーノは言われないと思うの。
どんなことにも丁寧に答える人だからかなあ?
どんどん立派になって、周りに何も言わせないぐらいの人になって欲しいです。(あれ?これ前にも言ったような・・・)
私もイチイチめげない立派なファンになることを目指します!!(フンッ!鼻息)

ペンギンの動画、可愛いですよね(*´∀`*)
ホント、子供が似合う(*´∀`*)



知ってたかな

シャーロックのNGが一個だけ宣伝用で出てました。
期間限定だと貼り付けるの迷うもんね。
知ってたら無視してちょ
なんだかベネ様が噴出しちゃうのが楽しすぎて(^^♪

https://www.youtube.com/watch?v=xTSwgr3SAZ4

Re: 知ってたかな

うんうん、見ましたよ~~~♪
もう可愛すぎてニヨニヨが止まらなくて困ってますよ~~♪
まさにいまブログにアップしようと書き書きしてるところです。
期間限定なんだ!!!全然気が付いてなかったですよ!!
ほんとだ!限定公開になってますね!!
ありがとうございます~~~。
また危うくチョンボするところでしたよ!!この慌て者め!!

感謝感謝です♪

同感です!

難しいことはよくわからないけど、
役者って、自分ではない誰かを演じて、それによってお金をもらう職業だから、
誰を演じるかっていうことは大事だと思うけど、
自分自身がどうであるかってことは、まぁ、もちろん演じる上ではいろいろ必要な物もあるでしょうけど、
結果自分がどうであろうが、ちゃんと演じることができればそれでOKなわけで・・・
ごめんなさい、旨く言えない。

だって、SHERLOCKでのシャーロックに萌えちゃってる私にとって、最初のころはBenedictがどういう人であるかってことはさほど興味無かったです。
いろいろ調べていくうちに本人がとてもチャーミングであることがわかって、
シャーロックって演じてるんだーなんて当たり前のことが初めてわかったり(おバカなわたし)。
シャーロックだって高機能社会不適合者じゃないですか。
Benedictがそうであるか?というとそうじゃないですよね。

わたし、TIGではきっと号泣しちゃうと思う。
もうね、それでいいっす。
それだけで充分っす。

話変わって、ペンギンズのあの動画って何言ってるんだろう?
全然わからないけど、子供相手にとても可愛いw
楽しそう♪

首元からチョロリンと出ているイヤフォンになりたい私でしたw

Re: 同感です!

るみさんありがとうございます♪

るみさんも、私のうっかり吐き出してしまった言葉を真剣に読んでくださってありがとうございます・゜・(ノД`)・゜・
そう言っていただけると心強いです。
なんだかなー、なんですよね。うん、私もうまく言えないのです・・・。
るみさんがここに書いてくださったこと、私すごく共感できます!
今回のTIGだけの問題ではなくて・・・。
昔オセロ(シェークスピアの)を演じる役者さんは白人さんで、わざわざ黒塗りしたとか。
今は当然そんなことはしないわけですが、だからといってゲイの役もゲイが演じるべきとか論点がおかしくないですかねえ?
まあ今回のインタビューはそれ以外にも色々ガックリな感じだったみたいですね。見る気がなかなか起こらないので、見てないのに言うな、って感じですけど・・・。

・・・はっ!ごめんなさい、また熱くなってしまいました!!!

それにしても私は本当に幸せ者です。
如月さんだけではなくて、るみさんも、こうして一所懸命にコメントくださって・・・。
面倒な私の戯言なんて、無視してしまった方がうんとラクなはずなのに・・・。
感涙ものです、ありがとうございます!!

TIG、ホント、楽しみですね(*´ω`*)

るみさん、すごいわ!!
イヤフォンになりたいとは!!!あの・・・T-シャツの中通ってるじゃないですかー!
なにそれ美味しすぎますよー(*´ω`*)いやん、どうしよう!!はずかしい!!


それからあの・・・ペンギンズインタビューなんですけども・・・。
余計なお節介だと思いつつ、ちょこっと何言ってるか書いておきますね・・・。
本当はすごく小さい字で書きたいんだけどコメント欄にはそういう機能ないので仕方ないです(>_<)
聞き取れない部分はもう何回聞いても私は無理なので、聞き取れた部分だけ、想像力も駆使して書いておきますね・・・。大体のイメージとして受け止めておいてくださいませ。


子供:こんにちは!JJ(ほにゃらら)です。今日はB.Cさんに「ペンギンズ・オフ・マダガスカル」についてお伺いします。
今回あなたは動物達を助けることに尽力しているという「ペンギンズ」では新しいキャラクターとなるエージェントを演じていますね。

B:うん、そうだよ。

(このへんちょっとわからないです)
JJ:僕もスパイになるには、どうしたらいいですか?

B:うーん、そうだねー。(ここ聞き取れません)スパイとして最も大切なのは諜報活動をどのようにやるかを知っておかなくては(ここも聞き取れません)・・・えーっと・・・ごめんね・・・君・・・ヒゲをつけてる・・

JJ:Ah!あなたは本当に優れていますね!(ちょっと違うかもです)僕ですよ!!すごいよね!(超意訳です、ごめんなさい!)

B:Yeah.

JJ:僕、かくれんぼが得意なんですよ!目を閉じてもらっても??

B:OK.・・・・・・・目を開けてもいい?

JJ:OKです。僕はどこでしょう?

B:えー・・・・・・・っと・・・イスの・・・・・後ろ・・・・。

JJ:インクレディブル!本当にアメイジング!あなたはマスターですね!!

B:ほんとに・・・?

JJ:(ちょっとよくわからないのですが、この役を演じるにあたってどうのこうの、という質問かと)

B:(ちょっとここよく分からなくてごめんなさい)オオカミを観察して・・・自分より小さくて助けを必要としている、ペンギンみたいな存在を・・・

JJ:実生活で誰かをスパイしたことは?

B:え?いや・・・。

JJ:つまり誰かをスパイできるとしたら。僕弟がいて、弟が僕のものをいじるんですよ。

B:そうなんだ・・・。

JJ:そうなんです。

B:僕は弟が・・・

JJ:居るんですか?

B:いや、居なくて・・・・

JJ:居ないんですか。

B:誰かをスパイしたりはしないよ。

JJ:最後の質問を。

B:うん。

JJ:僕本当にこの映画すぐに見に行きたいです!すごくカッコよさそうだし!

B:Good,great,fantastic.・・・・・それで、最後の質問って・・・・。

JJ:ああそうでした、えっと。僕が映画を見に行ったとき、

B:うん。

JJ:僕、ポップコーン買えますか?

B:う・・・・うん・・・・買えるよ・・・・・。

JJ:やった!!皆さん、「ペンギンズオブマダガスカル」は26日(違うかもです。数字苦手で・・)からです。ポップコーンも(?)
ありがとうございました。ベネディクトさん。
ん?彼はどこに?
Oh・・彼は本当にすごいスパイだ。



えっと、まあ、こんな感じかと・・・。片目つぶってみてくださいね!!間違いだらけだと思うんで(^_^;)

途中かなり抜けてしまってごめんなさい。これが私の今の精一杯です(^_^;)

いつも絡んで頂いてるお礼にちょこっと頑張ってみました(^_^;)



プロフィール

tsumiyo

Author:tsumiyo
ぐうたらダメ人間です。
基本Benedict Cumberbatchへの愛を吐き出しているだけの無意味なブログです。
ベネさん以外のことも書いてます。
はっきり言って節操ないです。
ベネさん8割、映画、本、手作り、多読なんかをごちゃまぜで2割ってとこですか。
まさしく気まぐれ、へっぽこブログですが、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Welcome♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。