スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二条城アートアクアリウム

今日はベネさん全然関係ないのです。
ごめんなさいです。

こんにちは!

明日は私の実家の方の法事で、泊まりがけで実家の方に向かってるんですが、途中せっかくなので二条城のアートアクアリウムに行ってみることにしました。

動画




で、実は今回初めてスマホからの更新です。
無事出来るかなあ?


二条城アートアクアリウム、入るのに一時間ぐらい並びました。
でも意外と早く感じたわ。

最初に、金魚さんの水槽に動く映像をあてた作品(?)が見られます。
これは並びました。



あとは空いてる所を選んで見て行く感じで、それほど混み具合を感じなくて済みました♪

画像いくつか貼っときます(#^.^#)
でもスマホからだと大きくなりすぎるからサムネイルにしとこう(^^)


キモノリウム


アースアクアリウム・ジャポニズム


新江戸金魚飾



綺麗に撮れたのはこれぐらいでした。

幻想的で素敵でしたよ(*^^*)

最後に京都駅のクリスマスツリー貼っときます(#^.^#)



早いね、もうクリスマスかあ(*´ー`*)

それでは今日はこの辺で。

ベネさん全然出ないのに最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

良い週末を♪

ではまたね♪

Emma Watson UN Speech 日本語字幕付き

まずはじめにおことわり・・・。

今日は私にしてはとっても真面目に書く予定ですの。

私は日々「笑い」をとても大切に考えていて、どんなに真面目なことでも「笑い」を含めて書きたいと思っているんですけど、今日はちょっと難しいかなー。

あと、繊細な話題なんで、反感を呼びそうです。
怖いけど、勇気を出して書きますね。

そして、今日はベネさん何も関係ないですwwww
(ま、画像くらい載っけるかもしれませんけど笑)

それでも、まぁ読んであげてもいいよ、な方だけどうぞ・・・・・。


今朝、最近話題のエマ・ワトソンによるスピーチ動画を見ました。

どういった物かといいますと、国連大使を務める彼女が「ジェンダー平等を達成するため世界中の男性のコミットメントを求めるキャンペーン=HeForShe」の発表会で行ったスピーチです。

このスピーチは絶賛され、多くのセレブが賛同、応援の意思表明をしています。

私も気にはなっていて、スピーチの文を読んだりはしていたのですけど、正直イマイチ理解できなかった。

それが、ちゃんと日本語字幕付きでアップされている!というのを知って喜び勇んでみてみたのです。

結果、はい、絶賛される理由が分かりました。長いけど貼りますね。

感動しました。(そして字幕効果ってすごい!!LOVE字幕!!)





正直私はフェミニズムというものがよくわかりません。

分からないから書物を読んでみたりするんです。でもやっぱり分からない。

日本のフェミニストの代表と思われる方の言っていることも正直ピンと来ない。

違和感がぬぐい去れない感じです。


私は常々フェミニズムについて女性が強く語ることに違和感がありました。
そこにはどこか不平等感を感じさせられてきたんです。
男性を叩く、女性優位な考え方に見える時があって。

もちろんそれは私がこの国に生まれ、恵まれた環境で育ったからに他ならないと思います。
女性に生まれただけで過酷な運命にさらされる国に生まれたわけではないから。
(そういった国で行われていることはもはやフェミニズム論で語られるレベルではないと思いますが。)

この国で生まれ育った私自身は女性であるということで酷い差別を受けたという経験がありません。

男性と女性の肉体的差異のために女性は男性と同じことを簡単にはできない場合もあります。
私はまたそれを同じようにやりたいという意識もありません。

逆に女性であるがために受けてきた恩恵も否定できません。

自分が恵まれていることを十分に考慮した上で、フェミニズム論が私のように恵まれた環境にいない人たちに向けて語られているものだと仮定しても、それでも尚感じる違和感。

強烈なフェミニストの方々がそれを語るとき、女性さえも敵に回しかねない語り口調になっている気がします。

私には平等を求めるというよりも、女性の権利を主張しすぎる、わがまま娘に映ることがあります。

その点、エマ・ワトソンの、抑制の効いた理性的なスピーチは素晴らしかった。

彼女も言っているように、男性も抑圧を受けていることを皆が理解しなくてはいけないと思います。

少なくとも、フェミニストを語るのであれば、権利の主張だけではダメだと思うんです。

名前は挙げませんが、有名なフェミニストの方の中には「家事労働」を2流のものと考え、「その世界に落ちることを覚悟の上で家事労働を負担する男性を素晴らしい」という人がいます。

フェミニストが、ですよ?

わかりません、全く理解できない。

そもそもフェミニストであるはずの人間が、多くの女性が負担している「家事労働」を「2流」だと、「落ちる」と。

私がフェミニズム論が苦手なのはこういった論議が繰り返されているからです。

フェミニスト自身がジェンダーの枠内から抜け出せていない、そしてその自覚がどうやらないらしい。

エマ・ワトソンのスピーチの全てに同意できるわけではありません。
人間ですからそれは当たり前。

でも彼女が男性も男性性に囚われているのだという事にこういった大きな場で言及したことが、今後のフェミニズム論の進化に影響をもたらすことを期待しています。(勿論そういった事を知らしめるためのキャンペーンなのかもしれませんが)

真に平等な世界が、女性にとってだけ都合の良い世界であるはずがありません。
女性=被害者ではなく、誰もがジェンダーの枠に囚われており、中にはそのために苦しみを味わっている人が居る、その事を知り、理解しようとすることが大切なのではないかと。

フェミニズム論からさらに先に進んだ社会に向かって行ければいいな・・・とやはりこの辺境の地から思いを述べておきます。


さてさて、難しいお話はこれでおしまいにしましょう!!

やっぱり明るく笑ってなんぼ、人生は短いですからね!!
(結局真面目なだけでは終われないのね笑)

と言ってもここに貼れる新しい画像がないのですよー。

ベネリチャのウルトラ格好良い画像や、これまたウルトラ変顔画像も回ってるんですけど、ここには貼れないやつで・・・見られていない方には申し訳ないです。

ん~~~、どうしましょっか。

硬くなった雰囲気を和らげる楽しいものが貼りたいですねぇ。

やっぱりこれだよね~~~♪



「STARTER FOR 10」!!
もう大好き!!大好き大好き大好き!!
なんでこんなにバカ可愛いの!!!??(褒めてます)



さてさて、時間を空けたら今日の記事はアップする勇気がなくなりそうですよ!
そして後で削除したくなる可能性大だな・・・。
削除しないよう、踏みとどまれるよう、頑張ります。

それでは、今日はちょっと鬱陶しい記事だったと思いますが、根気良くお付き合い頂きましてありがとうございました。

お礼に(動画だけでは足りないと思うので)新しいTIGポスター貼っときますね(*´ω`*)

ByZaMkSCUAAq1PX_convert_20140926110639.jpg

ではまた♪

Benedict さんとALS患者さんのバケツチャレンジ。

こんにちは。
昨日に引き続きバケツチャレンジのお話です。
1回書いたら慣れてきた・・・ヽ(´▽`)/

昨日の夜中に俳優のBenedict Cumberbatch さんのバケツチャレンジがアップされまして。
それがもう、秀逸で 笑

私、ここでは初めて書きますけどベネディクトさんの大ファンでして、彼にバケツリレーが回ってからものすごく楽しみにしてたんですよ。
ところが彼は今とっても忙しいらしく(まぁ今だけじゃないけど)24時間以内にチャレンジできなくて、彼のファン(コレクティブ)はもうヤキモキヤキモキその日を待ち構えていたわけです。

そんな中ようやくアップされた動画です。
小芝居、最高です!



予想の斜め上を行ってましたwww

ベネディクトさんはお茶目さんだからきっとを楽しませてくれると思ってたけど、ここまでやってくれちゃうとは!!
(なんか自分の変顔披露して喜んでない???←ヒドイ)

忙しくてなかなか動画が撮れないって情報は回ってたけど、水かぶるだけのことが出来ないほど忙しいの?って心配してたんですよ。
こんなん撮ろうと思ったらそりゃちょっとした空き時間じゃ無理だわ。
待った甲斐があった!って皆さん喜んでましたね♪

5回かな?かぶってるのは、24時間以内にチャレンジできなかったから複数回指名されちゃったみたいなんですよね。
で、その分かぶってるんじゃないかな?と思いますが(ちょっと違うかも・・・わかりません(^_^;))そのうち語学の堪能なコレクティブの方が解明してくださると思いますww

昨日は夜中だというのに日本のコレクティブの方々も興奮してたみたいでツイッターのTLが彼で溢れててちょっと面白かったですね(私も含める、勿論!)
イギリスの方では「BenedictCumberbtch」がトレンド入りしてたみたいだし 笑(ツイッターです)

彼を指名したトム・ヒドルストンさんもツイッターで「Well done, Ben.」って呟いておられたんですけど、それを見て「いやいや、ベネディクトさんを指名してくれたあなたこそ Well done!だから~!!」って思ったコレクティブは私だけではないはず 笑

皆「パンツパンツ」って言ってたのも楽しかったww

でもね、でもね。これを見た人が「ふざけてる!」って誤解するといけないから言わせてください。

ベネディクトさんは何年も前からこのALSの研究活動の支援をしている人で、彼の身近にも似たような病気(ALSの1種かな?)の方が居られるようです。
だからこのビデオも思い入れ強かったんじゃないかなーと思うんですよね。

こういう支援活動って、難しい顔して難しい事言ってても広がらないんですよね。
楽しまないと、ダメなんです。多分。
きっと彼はそのことも経年の支援活動で分かっているんだと思う(ファン心理)
だからこそ、の動画なんだと思います。

そう思って見ると、またこの動画が印象変わってきませんか??


さて、今回でバケツリレーの話は終わりにしようと思っているので、ちょっと長くなりますけどもう一つリンクを貼らせてくださいね。

こちらはALS患者さんのチャレンジの記事&動画です。
                        ↓
This Man Has ALS, And His Ice Bucket Challenge Will Make You Laugh. Then It'll Make You Cry

フェイスブックの方にはもうシェアしたんだけど・・・。

実際の患者さんの言葉は本当に重いです。
心を揺さぶられます。

そして、彼がこの活動に対して感じている思いにも心を打たれます。
(私はこの動画を聞き取っているわけではありません、記事を読んで書いています。実際に彼が言っていることと記事に乖離があるかどうかの判断はしていません。ごめんなさい。)

書いてあることをざっとイメージ訳してみると、26歳の彼は5か月前にこの病気を発症。彼の祖母も同じ病気で亡くなって、お母さんも同じ病気で闘病中。
この病気について話すのは嫌なこと。(hateと言っているので嫌い、よりもっと強い思いでしょうか?)誰もこんな重苦しい話をしたくないだろうから、と。
今回のアイスバケツリレーがALS支援の活動で初めて本当に成功していて、その事ににとても、とても、感謝している。
自分や、この病気の患者さんたちが、誰かがバケツをかぶるのを見るたびにどれほど勇気づけられているか想像できないでしょう?これによって、本当に変化を起こしているんですよ・・・と。

そのような感じでしょうか?間違いは誰かにフォローしていただきたいです(>_<)
私の訳はあくまでイメージです。意訳じゃないです 笑
薄ぼんやりしたイメージですので、いろいろご容赦下さいませませ・・・。

今回のこのある種のムーブメントはそのうち終わると思いますが、それでも多くの人がこの病気を認識し、考える事になった大きな意義のある流れだと思います。
私も、こういうことを積極的に発信するタイプではなくて、どちらかというと当たり障りのない事をのらりくらりとやり過ごすタイプなのですが、それを変えていきたいな、と思えました。

あ、でも小心者なのでやっぱりブログを大きく宣伝することはできないのでした・・・Σ(ノ≧ڡ≦)てへぺろ

次回からは通常運転で行く予定です。

ながーい記事になってしまいました。最後まで読んでくださった奇特な方がいらしたら、本当にどうもありがとうございました。


*我慢できないので追記させてください!!!
サー・イアン、格好良すぎです!!!



彼が指名されたとき心臓発作起こすんじゃないかと本気で心配したんですよ。
氷水はやめて!って、かぶらないで!って 笑
サー・イアンに失礼でした。ホント、反省です 笑




アイスバケツリレーと寄付もろもろ。

こんにちは!

最近ちょっと気落ちすることが多くてネットから遠ざかってました。

といっても個人的になにか問題を抱えたとかそういうことではなく、エボラの事や広島の事、昔お世話になった人の病気の事、そんなもろもろでどうもね・・・。
当事者でもないのにこんなふうに気落ちしてしまう自分も嫌で・・・。

そんな落ち込んだ気分の自分を少し上げてくれる最近の「アイスバケツリレー」!

批判があるのは承知の上ですが、ここにも紹介させてくださいね。

最近日本でも話題になってきたこの「アイスバケツリレー」。正確には「Ice Bucket Challenge」と言うのかな?

この活動の起源には諸説いろいろあるようですが、私はこちらを参考にしてみました。(どこまで信じるかは個人の判断でお願いします。)

指名された人は24時間以内に氷水をかぶるか100ドルの寄付をするかを選んで実行し、更に3人を指名するというルールのようで、まさに鼠算ww

多分ほとんどのセレブ達は水をかぶった上で寄付もしてると思いますけど。
チャーリー・シーンはお金かぶってましたけどねww

水が貴重であるとのことで活動に疑問の声が上がっているようですが、実際この活動のおかげで寄付金は昨年の同時期のほぼ9倍、約16億円になったとか。

とても素敵なことですよね。

ツイートチェックしててもこの病気で大切な人を亡くした方のツイートも多く見かけます。もちろん感謝のツイートです。
批判するのは簡単ですが、この活動を始められた方、活動に参加されているすべての方も素晴らしいと思うので、そのことを否定するようなことは避けたいなぁ、と思う私です。

ちなみに、私がとっても気に入っているのは山中教授の動画です♪



素敵すぎる・・・。

で、肝心の寄付先ですけど、私はこちらに寄付させていただきました。

ASL Association

どこに寄付してもいいと思うのですけど、発見したのがここだったのでヾ(*´∀`*)ノ

今はネットで寄付できるからいいですね。


でね、これはASLの寄付じゃないですか?

でも寄付が必要な所はたくさんたくさんたくさんありますよね。

なので、私が今現在の気持ちで寄付するところを上げておきます。

エボラ出血熱→国境なき医師団

広島の土砂災害はこちら


今回この記事を書くのは正直勇気が要りました。

偽善だとかなんだとか言われるのも正直嫌だし、今自分の目の前の人を助けるのが先じゃないかとか思われるのも辛いし・・・。

だいたい寄付なんてひっそりやるものだと思ってたしね。

でも、微力でもこうして発信していくことも必要かもしれないと今回のアイスバケツリレーで感じたので・・・。

そして「寄付」という行為が、私の心の中のモヤモヤを少し解消してくれるのは確かなので・・・。

言い訳ばかりの小心者でごめんなさい(._.)

今回挙げた以外にも本当にたくさん支援を必要としているところはありますよね。
東北だって。(私はこちらに寄付を・・・)

個人的に今現在は寄付をする余裕があるので、出来る時だけでもしていこうと思います。
それが自分にとって幸せなことだと感じるうちは。






あべのハルカス行ってきました。

異常に暑いですね。皆さんお元気ですか?熱中症に気を付けましょうね~。

今日はサクッとアプります。もう夜だし。

今日は義父母と初めてあべのハルカス行ってきました。
前々から言ってみたいと義父も言っていたので。

最初は「高いねー!」と感激したんですけど、すぐ慣れちゃいますね(^_^;)
一回行ってみて満足しました(*^^*)

写真一枚だけ。



ではまた明日!


プロフィール

tsumiyo

Author:tsumiyo
ぐうたらダメ人間です。
基本Benedict Cumberbatchへの愛を吐き出しているだけの無意味なブログです。
ベネさん以外のことも書いてます。
はっきり言って節操ないです。
ベネさん8割、映画、本、手作り、多読なんかをごちゃまぜで2割ってとこですか。
まさしく気まぐれ、へっぽこブログですが、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Welcome♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。